• トップページ
  • 府議団の紹介
    • 所属議員
    • 役員名簿
    • 所属委員会
  • 府議会の報告
    • 質問・答弁
    • 意見書・決議
    • その他
  • 議員団活動
  • 広報誌「府議団だより」
  • リンク

トップページ > 府議会の報告 > 質問・答弁(28年) > 平成28年2月定例会 府民文化常任委員会 意見開陳

府議会の報告

平成28年2月定例会 府民文化常任委員会 意見開陳

平成28年3月24日

 自由民主党・無所属 大阪府議会議員団の 今西 かずき でございます。
 採決に先立ちまして、本委員会に付託されております諸議案等について、私たち会派の意見と態度を表明させていただきます。

 まず、第1号議案「平成28年度大阪府一般会計予算の件中、関係事項」についてですが、都市魅力創造事業について申し上げます。
大阪府・大阪市のいわゆる府市連携事業については、今年度の大阪市の包括外部監査結果においても、「その効果に疑問が残る」と指摘されたところであり、とりわけ、「大阪・光の饗宴事業」及び「御堂筋の魅力創造・発信事業」については、大阪市内の中心部のみにおいて実施される事業でありますが、広域自治体の府としては、大阪市に限らず、大阪府内すべての市町村に支援を行うことこそが、本来の役割であるはずです。
 また、大阪府の財政状況が非常に厳しい現状にあって、今後も、年間、約3億円もの予算を投じて実施することが適切なのかどうか、費用対効果の観点からも府民の皆様にしっかりと説明し、ご理解をいただくためにも、今後も民間の力でこれら事業を継続・発展させていくためにも一度立ち止まって検証すべきであるとの考えから、平成28年度大阪府一般会計予算に計上している「大阪・光の饗宴事業費」及び「御堂筋の魅力創造・発信事業負担金」の2事業について、予算の減額修正案を提案させていただきました。
 議員の皆様方の御賛同を何卒お願い申し上げます。

 また、2020年度までの5年間を計画期間とする、都市魅力推進に係る新たな戦略については、文化・芸術が、大阪の都市格の向上、都市魅力の向上に欠かせない要素であることを踏まえ、文化・芸術の魅力を、行政と府民の皆様が一緒になって支え、応援していくという位置づけが重要であることを指摘しておきます。

 次に、第83号議案「大阪府宿泊税条例制定の件」について申し上げます。
 法定外目的税である宿泊税は、増大する新たな行政需要、すなわち、来阪外国人観光客の受入環境整備を含めた観光振興の取組みなど、喫緊の課題に対応するため、徴収するものであって、目的外の事業への充当や、既存事業への振替は、原則として許されないと考えます。
 このため、私たち会派は、宿泊税の使途について、明文の規定を追加すべく修正案を提案させていただきました。
 議員の皆様方の御賛同を何卒お願い申し上げます。
 あわせて申し上げますが、宿泊税の創設にあたり、特別徴収義務者となるホテル・旅館事業者の方々に対し、十分な事前説明がなされないまま、制度創設が進められようとしている、この間の大阪府の対応は極めて不誠実であったということを強く指摘しておきます。

 最後に、議員提出第1号議案、「大阪府情報公開条例一部改正の件」についてですが、これは、皆様もご存じとは思いますが、過去、二度にわたって皆様のご賛同をいただき、本会議において可決されたものの、知事の再議によって、廃案となったものでございます。繰り返しの説明となりますが、この改正は、特別顧問等の公正な活動の確保に資するとともに、府民参加による府政の推進に寄与するものと、確信しておりますので、議員の皆様方の御賛同を何卒お願い申し上げます。

 以上、申し上げましたが、第1号議案、第83号議案の修正案についてはいずれも「賛成」、その他残余の議案ついては、すべて「賛成」であることを
申し上げ、私たち会派の意見開陳といたします。

 ご静聴ありがとうございました。